English

文字サイズ

お問い合わせ

資料請求

「建築物の衛生的環境の確保に関する法律」改正の要点
(抜粋)

当法律の施行に伴い、必要な経過措置(罰則に関するものも含む)は別途政令で定められます。

変更の概要

追加登録業種

  1. 建築物の空気調和用ダクトの清掃を行う事業
  2. 建築物の排水管の清掃を行う事業

改正登録業種

  1. 建築物環境衛生一般管理業の業務に空気環境の調整並びに給水・排水の管理が追加されます。

登録の基準

物的基準<機械器具の設備> ※アサダ関連商品のみ掲載

空調ダクト清掃業は、

  1. 内視鏡カメラ
  2. その他5項目
  3. 掃除用具一式

排水管清掃業は、

  1. 内視鏡カメラ
  2. 高圧洗浄機
  3. 排水ポンプ
  4. ドレンクリーナ
  5. ローポンプスーパー
  6. 高圧ホース・洗浄ノズル
  7. 掃除用具一式 及び上記器具用の専用保管庫

人的基準

空調ダクト清掃業・排水管清掃業共

  1. 厚生労働大臣指定の講習修了者である「清掃作業監督者」
  2. 厚生労働省令で定める要件に該当する研修修了者である「清掃作業従業者」を設置

その他の基準

空調ダクト清掃業・排水管清掃業共

  1. 厚生労働大臣が告示で定める技術的基準に適合していること